血圧

血圧とは何か

健康診断などで皆さんも血圧を計ったことがあると思いますが、血圧って実際にはいったいどんなことなのか説明できますか?

実は、血圧ってものすごく身近な言葉なわりには、詳しく知らないひとも多い言葉だと思います。

私達の体内には、非常に多くの血液が流れています。

血液は、いくつにもある血管のなかをめぐって、私達が常に健康で過ごしていけるように流れているのです。

この流れが止まってしまったり、滞ってしまうと私達は体調に異常をきたすことになります。

血液は、心臓ととても密接な関係を持っています。

というのも、心臓が血液がきちんと全身に行き渡るようにポンプの働きをしてくれているのです。

このとき、心臓から圧力がかかることで血液は流れるといえます。血圧というのは、まさにこの心臓がかける圧力のことなのです。

よく血圧が高いとか、低いとか、色々と耳にすると思いますが、これは心臓の働きと大きな関係があったのですね。

心臓が人間の身体にとって、どれほど大切なものであるかというのは皆さんもご存知だと思います。

血圧も、同じく健康に生きていくためにはとても重要なポイントになるといえます。

心臓は常に血液を押し出そうと、圧力をかけていますから、血圧が低すぎたり高すぎたりするときは、何かあると疑うことができるのです。

高血圧と中性脂肪

高血圧になるj一つの原因に、血中の中性脂肪が高いことがあります。

これにより、高脂血症になったり高血圧の原因になると言われています。

できれば、中性脂肪を減らすことが大事になります。

中性脂肪を減らすには、まず、アルコールの摂取を控えたり、塩分や油分、糖分の多い食事をやめることが一番です。

また、EPAやDHAを接種することも効果があります。これらの成分は、青魚に多く含まれています。

EPAやDHAはサプリでも取ることができます。

参考:DHA サプリ



血圧が高いと悪いの?メニュー

血圧が高いと悪いの?リンク